メッセージ

株式会社エデュワーク代表取締役の越智敏洋です。 18年間、小学校の教員をしていました。子どもたちと過ごす時間はとても楽しかったのですが、それと同時に悩むこともありました。子どもたちの将来についてです。担任でいるうちは保護者よりも長い時間、子どもたちと接します。それでも、進級したり、卒業すれば、他人です。 発達障がいがある子どもたち、他にも様々な障がいのある子どもたちの将来を見守ることはできません。職業的には仕方のないことなのですが、歯痒く、もどかしく思っていました。

そんな中、会社を起こすきっかけをいただき、障がいのある方が働く様子を紹介するポータルサイト『障⇔障継承プログラム』の運営に携わらせていただけることになりました。このプログラムでは、次のことをコンセプトにしています。

働いて生きている障がいのある大人から、これから働く子どもたちへ働く力や想いを彼ら自身で継承する仕組み

ここで紹介される様々な障がいがある大人たち。平均月額工賃が1.6万円台と言われる障がい者雇用の枠組ではありません。生きていくために必要な額の賃金をもらい、何より企業から必要だと求められ、働いています。誇り高く働く彼らの後に続く子どもたちを育てるお手伝いがしたい。そういう思いで、この放課後等デイサービスは誕生しました。

「教育(Education)」から「就労(Work)」へ。共に過ごす子どもたちのそこから長く続く人生を健やかに充実したものになるよう願いを込めてエデュワーク(Edu&Work)と社名を付けています。

株式会社エデュワーク 代表取締役 越智敏洋

プロフィール

役職

株式会社エデュワーク代表取締役
株式会社フェアリー代表取締役
特定非営利活動法人いちばん星理事長
一般財団法人石清水なつかしい未来創造事業団事務局長

学歴

奈良教育大学教育学部心理学専攻卒業
京都教育大学教職大学院授業力高度化コース修了
山形県・京都府の学校・教育センター・知事部局などで職務にあたる

受賞歴

・エネルギー教育模擬授業全国大会3位・実験優秀賞を受賞(2014年1月)
・「エジソンになろう!八幡竹でのランプ作り」が京都府知事賞奨励賞、京都中央信用金庫賞を受賞(2017年2月)

著書(特に記載のない限り明治図書)

【単著・編著】
・ガンバル自分は教師になれる!初めての模擬授業(学芸みらい社)
・学校のお仕事・毎日すること365日大全1〜3
・ほめられ参観授業のネタ

【雑誌連載】
・楽しい体育の授業
平成24年度隔月連載「最新情報を取り入れた保健の授業」
・楽しい体育の授業
平成25年度隔月連載「体育を変える微細技術」
・社会科教育
平成25年度毎月連載「今月の教材づくり」